シノで真弓

明るくない所では光不足で見えにくくなりますが、より瞳孔が開くので、目のレンズのピントを合わせるのに余計なパワーが必要になってしまい、結果的に日の差す場所で物を眺めるよりも疲れるのが早くなるのです。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というものは皮脂の分泌異常が要因で出る湿疹で、皮脂分泌が乱れる因子としてステロイドホルモンの一種である生殖ホルモンのバランスの乱れ、V.B.コンプレックスの不足等が大きいと考えられています。
汗疱(かんぽう)は手の平や足の裏、指の隙間などにちっちゃな水疱が現れる症状で、通常はあせもと呼び、足の裏に現れると水虫と勘違いされるケースが結構あります。
現在の病院の手術室には、ラバトリーや器械室(apparatus room )、手術準備室を用意し、手術中に患者をレントゲン撮影できるX線装置を備えておくか、近距離にX線のための専門室を用意するのが慣例である。
頸椎などが痛むヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」といい、背骨と背骨の間に存在してクッションと同様の役割を持っている椎間板(ついかんばん)という円形の線維軟骨が突出してしまった症例を示しています。
吐血と喀血、いずれも口からの出血に変わりはありませんが、喀血とはのどから肺を通る気道(きどう、呼吸器のひとつ)から血が出ることであり、吐血というものは十二指腸より上部の消化管からの出血のことを示しています。
ハーバード医科大学の調査データによると、普通のコーヒーと比較して1日2カップよりも多くカフェインの除去されたコーヒーを飲むと、あの直腸がんの発病率を0.52減少させたという。
悪性腫瘍である女性の卵巣がんは、本来、人間の体をガンから護る働きをする物質を生成するための金型ともいえる遺伝子の異常が引き金となって発症すると言われています。
アルコールを無毒化するという効果を持つナイアシンは、苦しい二日酔いによく効きます。不快な宿酔の大元と考えられている酢酸アルデヒドアセトアルデヒド、acetaldehyde)という化学物質の分解に力を発揮しています。
ちょっとした捻挫だろうと勝手に自己判断して、湿布をして包帯やテーピングなどで適当に固定し、様子をうかがうのではなく、応急処置を済ませたら少しでも早く整形外科の医師に診察してもらうことが、早く快癒させる近道だといえるでしょう。
下腹の痛みがみられる代表的な病気には、盲腸と間違われやすい大腸憩室症、腎や膀胱などの尿路結石症、潰瘍性大腸炎(UC)、細菌感染などによって腹膜が炎症を起こす急性腹膜炎、子宮の疾患など、様々な部位の病気が挙がります。
気分障害の一種であるうつ病は副交感神経が優位になると脳で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が足りなくなり、不眠、憂うつ感、強い疲労感、食欲不振、5kg以上の体重減少、焦燥感、極端な意欲の低下、希死念慮、そして重症化すると自殺企図等の深刻な症状が現れ、2週間以上続きます。
ヒトの耳の構造は、大きく「外耳(がいじ)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3か所に分類できますが、中耳の辺りに様々な細菌やウィルスがうつり、発赤等の炎症が起きたり、液体が滞留する病気を中耳炎と言います。
いんきんたむし(陰金田虫)という病気は20代~30代の男性に多い傾向があり、基本的には股間の辺りだけに拡大し、軽く運動したり、お風呂に入った後など体がポカポカ温まると強い痒みを引き起こします。
乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長きに渡って採用されてきた生ワクチンにかわり、平成24年9月より集団接種ではなく病院などで個々に注射してもらうスケジュール管理の必要な個別接種のスタイルになりました。